FX取引に最適な時間は?/株式相場・FXの取引時間は?

FX取引をするにの適した時間帯というのはありますか?

FX取引については、
日本時間の17時くらいからが最適です。

 

といいますのは、17時というのは、
外国為替取引の中心がロンドン市場に移って、
様々な通貨が売買されているからです。

 

ロンドン市場というのは、世界で最も
外国為替取引が活発に行われているマーケットなんですよ。

ニューヨーク市場はどうなのですか?

ニューヨーク市場も、取引高自体は
ロンドン市場に次いで世界第2位なので、
やはり世界中の投資家が注目している時間帯といえます。

 

何と言っても、世界の基軸通貨は米ドルですし、
日本時間の午後10時以降は、その米国において
重要な経済指標が発表されたりもするからです。

 

ただし、ロンドン市場での取引が終了する
午前3時を過ぎると動きが鈍ってきます。

 

ちなみに、午前6時台には
ニュージーランドの経済指標が発表されますので、
ニュージーランドドルを売買している人は、
この時間にも高い関心を寄せているようです。

株式相場の取引時間は?

日本の株式市場は、平日の午前9時〜11時の前場、
1時間半のお昼休みが入り、
午後12時半〜3時の後場となっています。

 

つまり、株式の取引時間は、
1日4時間半ということになります。

 

ちなみに、PTS方式による
夜間取引を始めているところもありますが、
証券取引所での取引は、
あくまでも前場と後場となっています。

 

【スポンサーリンク】

FXの取引時間は?

外国為替市場は、1日中取引が行われていますので、
前場とか後場という区別がありません。

 

そもそも外国為替市場というのは、
株式市場のような取引所があるわけではないので、
その開いている時間内でしか取引できない
という制約がないのです。

 

また、主に銀行同士が取引しているインターバンク市場では、
東京市場だけでなく、欧州や米国など世界中のマーケットと、
電話やパソコンを通じて取引されているので、
国境という概念もありません。

 

このように、外国為替市場は
24時間取引が行われていますので、

 

東京市場やロンドン市場という呼び方についても、
各国のビジネスタイムに応じて
便宜的に使用されているにすぎないのです。

 

【スポンサーリンク】