FX(外国為替証拠金取引)とは?/ポジション・ボラティリティとは?

FX(外国為替証拠金取引)とはどのようなものですか?@

FXというのは、Foreign Exchange の略です。

 

もともとは、外国為替の意味で用いられていた
略称だったのですが、
最近では、外国為替証拠金取引のことを
FX(エフエックス)と呼ぶことが多くなっています。

FX(外国為替証拠金取引)とはどのようなものですか?A

また、外国為替証拠金取引を扱っている会社のことを
「FX会社」と呼ぶこともあります。

 

ちなみに、基本的にFXを扱っている会社は、
証券会社や商品取引会社であるケースが多く、
FX専業の会社はどちらかといえば少数となっています。

ポジションとは何ですか?

ポジションというのは、今現在、買い持ちにしている、
あるいは売り持ちにしている通貨のことをいいます。

 

例えば、1万ドル相当分を買って、
そのまま保有している場合には、
「1万ドルの買いポジションを持っている」
というように表現されます。

 

また、1万ドル相当分を売っている場合には、
「1万ドルの売りポジションを持っている」と表現されます。

 

一般的に上手にトレードする人は、
常にポジションを持っているのではなく、
必要な時にのみポジションを取っているようです。

ボラティリティとはなんですか?

ボラティリティというのは、予想変動率のことをいいます。

 

例えば、ボラティリティが大きいという場合には、
価格の値動きが大きいことを意味します。

 

そして、この状況のときには、
ハイリスク・ハイリターンということでもあり、
うまくタイミングが合えば、
大きな利益を獲得することになりますが、

 

反対に、予測と逆方向に相場が動いた場合には、
損失額も大きくなります。

 

よって、安定した運用をしたい場合には、
できるだけボラティリティの高い通貨での運用は
避けた方がよいということになります。

 

【スポンサーリンク】