割安な通貨とは?

株式投資の場合の割安とは?@

株式投資において、
割安株投資やバリュー投資という場合には、

 

一般的には、
次のようなモノサシを参考に、
現在の株価が割安なのかどうかを判断します。

株式投資の場合の割安とは?A

■PBR(株価純資産倍率)
PBRというのは、その企業が持っている純資産に対して、
現在の株価が割安かどうかを判断するための指標です。

 

なお、PBRが1倍以下であれば割安といえます。

 

■PER(株価収益率)
PERというのは、税引き後利益に対して、
現在の株価が割安かどうかを見るものです。

 

なお、PERが10倍程度であれば割安と判断できます。

 

【スポンサーリンク】

割安な通貨というのはあるのですか?

為替の場合には、
割安かどうかを判断する基準というものはありません。

 

ファンダメンタルズに対して
割安であると考えられそうですが、
このファンダメンタルズ自体がはっきりしないものなので、
なかなか困難であると思われます。

 

といいますのも、
通貨の価値というのは相対的なものですので、
例えば、米ドル/円で円高が進んでいても、
日本経済が強いことを理由に、
円が買われているわけではないケースもあるからです。

 

サブプライムローンショックの際には、
米国経済に対するリスクの高まりから米ドルが売られましたが、
結果的にファンダメンタルズの面からすると、
実力以上の円高になったことなどは、記憶に新しいところです。

 

ただし、人民元に対して香港ドルは割安である
というような例外はあります。

 

【スポンサーリンク】