FX・株式の手数料の違いは?

FX手数料は?

FX(外国為替証拠金取引)のコストは、
外貨預金や外貨MMFよりさらに割安です。

 

FXの場合には、例えば、米ドルでは
為替手数料は2〜10銭程度で、
FX会社によっては手数料無料のところもあります。

 

ただし、FXの場合には、スプレッドという、
為替手数料以外のコストがかかってきますので注意が必要です。

株式の手数料は?

金融商品を選択する場合には、
次のような選択基準があります。

■コスト
■信用リスクの問題
■リターンとリスクの度合い
■売却や中途解約のしやすさ

 

株式売買のコストは、1998年に株式の委託手数料が、
小口取引部分も含めて完全に自由化され、
以前よりは競争により随分と安くなっています。

 

例えば、以前は、取引金額で
100万円以下の部分に適用されていた委託手数料率は、
1%程度でした。

 

なので、1単位の取引金額が
100万円の株式を売買する場合には、
片道で1万円の手数料が取られていました。

 

しかしながら、現在は完全に
委託手数料が自由化されましたので、

 

ネット証券会社で、1単元100万円の取引金額の
株式を売買するとした場合には、
片道1,000円程度の手数料で済むようになっています。

 

売り買いの往復でも2,000円ですから、
この差は非常に大きいです。

 

デイトレードが成り立つのも、
こうした手数料が安くなったおかげなのです。

 

【スポンサーリンク】