株価と為替の値動きの違いは?

株価と為替の値動きの違いは?@

株価と為替の値動きを比較すると、
株価のほうがはるかに大きな値動きをします。

 

為替レートが株価と比較して値動きが小さいということは、
大きく儲けることが困難であるけれど、その反面、
株式投資よりは、大損するリスクは小さいともいえます。

株価と為替の値動きの違いは?A

このように、もともと外国為替市場は
ボラティリティの小さいところなので、利益を上げるためには、
レバレッジを利用する必要があるのです。

レバレッジを利用した取引とは?

例えば、1ドル=100円のときに、
10万円の証拠金で米ドルを1万ドル買ったとします。

 

1万米ドルで100万円なので、
レバレッジ10倍ということになります。

 

これが、1ドル=105円になったとしても、
レバレッジをかけていなければ、
100万円が105万円になるだけなので、
利益率はたったの5%ということになります。

 

しかしながら、同じ5万円の利益であっても、
FXでは10万円の証拠金を投資元本として
取引していますので、
それによる利益率は50%にもなります。

 

ただし、レバレッジをかければ、
その分リスクも高まりますので、リ
スク管理はしっかり行う必要があります。

流動性とは?

流動性というのは、投資した金融商品やモノを
現金化する容易さのことをいいます。

 

なので、一般に流動性が高いといった場合には、
現金化しやすいということを意味します。

 

例えば、普通預金は、必要な時に
いつでも引き出して現金化できますが、
定期預金は、時期や手続きなどに制約があるので、
普通預金の方が流動性は高いということになります。

 

【スポンサーリンク】