強制ロスカットとは?

強制ロスカットとは?

強制ロスカットというのは、ストップロスともいい、
損失が一定規模に達すると、
強制的に取引が清算されることをいいます。

 

この強制ロスカットが執行される水準というのは、
FX会社によっても異なりますが、
損失が膨らんだ状態で取引が清算されるので、
預けた証拠金の大半が毀損することになります。

 

よって、強制ロスカットまで
損失を引きずらないことが大切です。

ロスカットレベルとは?

ロスカットレベルというのは、リスクコントロールの1つで、
自分自身でロスカットするポイントのことをいいます。

 

ロスカットレベルは、あらかじめ決めておいて、
その水準に達したらとにかく損切りすることが重要です。

具体的なロスカットレベルは?

ロスカットレベルは、人それぞれの考え方により異なります。

 

例えば、預けた証拠金に対して、
損失額が5%とか10%に達した時点で
損切りの注文を入れるなど、
自分独自のルールを決めておくことが必要になります。

見通しとは?

FXで外貨のポジションを保有する場合に、
それが買いポジションであれ、売りポジションであれ、
自分自身でしっかり相場見通しを立てることが大切です。

 

とはいえ、相場見通しというのは、
どんなに慎重に考えたとしても、はずれることもあります。

 

よって、見通しがはずれたときでも冷静に対処できるように、
余裕を持たせた資金量で取引することが重要です。

 

また、ロスカットも含めたリスクコントロールを
きちんと行うことも重要です。

 

【スポンサーリンク】