FXの利益にかかる税金は?/給与所得との関係は?

FXの利益にかかる税金は?@

FXで得た利益というのは、
為替差益とスワップポイントの両方をあわせて、
すべて雑所得扱いになります。

 

よって、年収2,000万円以下の給与所得者で、
他に雑所得がない場合には、年間20万円までの
FXの利益については、申告は不要です。

 

つまり、実質的に、非課税扱いになります。

FXの利益にかかる税金は?A

しかしながら、それを超えて利益が出た場合には、
確定申告する必要があります。

 

具体的には、
毎年1月1日から12月31日までに発生した利益を、
翌年の2月16日〜3月15日の確定申告時期に
申告することになります。

 

最近は、税務署のチェックも厳しくなっていますので、
利益の出ている人は
きちんと確定申告して納税するようにしてください。

FXの利益と給与所得との関係は?

雑所得として確定申告する場合には、
自分の給与所得など他の所得と合算したうえで
税額を算出します。

 

また、主婦の方などは、FXでかなりの利益が出ると、
扶養控除対象者からはずれる可能性もありますので
注意してください。

 

【スポンサーリンク】

含み益とは?

含み益というのは、評価益とも呼ばれますが、
為替相場が思惑通りに変動して、
ポジションに未確定の利益が
算定されている状態のことをいいます。

 

なお、含み益は、
決済されるまではその利益は確定しません。

確定申告とは?

確定申告というのは、
納税者が前1年間の所得税を計算したうえで、
翌年の2月16日〜3月15日までの間に、
税務署に確定申告をすることにより、
納税する手続きのことをいいます。

 

サラリーマンなどの給与所得者の場合には、
あらかじめ所得税については
源泉徴収されているケースが多いです。

 

ですが、医療費控除などの各種控除を活用するために
確定申告を行うと、
払いすぎの税金が還付されるケースもあります。

 

【スポンサーリンク】