FXの確定申告不要の制度は?/FXで認められる経費は?

FXでは確定申告不要の制度はないのですか?

株式の場合には、特定口座扱いにすると、
確定申告する必要はありませんが、FXの場合には、
こういった制度はありません。

 

なので、FXで得た利益については、
必ず申告しなければならない
というくらいに考えておいた方が無難です。

FXの利益を確定申告しないと?

FXで利益が出たのにもかかわらず、
確定申告しないでいて、後で追徴課税を受けると、
ペナルティ分も含めて、高い税金を
納めなくてはならなくなりますので注意してください。

雑所得とは?

雑所得というのは、所得税の所得分類の1つです。

 

この雑所得は、
公的年金等や作家の講演料・原稿料に加え、
金融商品における雑所得として、
次のようなものが該当します。

■外国為替証拠金取引の収益
■外貨預金の為替差益
■利付債券の償還差益や売買益...など

 

ちなみに、雑所得は、他の所得と合算したうえで、
総合課税の対象になるのですが、

 

年間の給与所得が2,000万円以下で、
年間の雑所得額が20万円以下の場合には、
確定申告をする必要はありません。

 

【スポンサーリンク】

FXで認められる経費は?

FXでは、次のような経費が認められる場合があります。

■通貨の売買にかかった取引手数料
■証拠金を振り込む際にかかった振込手数料
■通信費
■プロバイダ費用
■セミナー参加費用やその交通費
■筆記用具代金
■トレードに必要なパソコンの購入代金
■雑誌や新聞の購読料

 

ただし、上記の経費については、
どこまでがFXの取引にかかった費用なのかということが、
非常にあいまいなので、
すべてが経費扱いになるとは限りません。

 

場合によっては、
経費として認められないケースもあると思われますので、
確定申告する前に、
税務署などに相談するようにしてください。

 

【スポンサーリンク】