テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の違いは?

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の違いは?

マーケットを分析する手法には、
次の2つの方法があります。

■テクニカル分析
■ファンダメンタルズ分析

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析では、
どちらかといえば、テクニカル分析の方が
効率的で便利とわれています。

具体的にテクニカル分析とファンダメンタルズ分析とは?

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析というのは、
具体的には以下のようなものです。

■テクニカル分析
価格、時間、出来高など過去のデータから
今後のマーケットの行方を分析する手法です。

 

具体的には、過去においてこういう動きをしていたから、
今後はこういう動きをするであろうと予測したうえで、
通貨を買うか、あるいは売るかということを判断していきます。

 

■ファンダメンタルズ分析
その通貨の通貨圏や通貨国の政治や経済を通じて分析する手法です。

 

具体的には、経済情勢全般を分析したうえで、
例えば、ドル/円なら本来は1ドル=○○円付近にいるべきだ
というような妥当値をはじき出して、

 

それよりもドル安の水準にあるのであればドルを買い、
反対にそれよりもドル高水準にあるのであれば
ドルを売るという判断をしていきます。

 

【スポンサーリンク】

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析ではどちらがいいの?

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析では、
どちらの方が優れているということはありませんが、
どちらかといえばテクニカル分析の方が
効率的で便利といえます。

 

また、ファンダメンタルズ分析というのは、
一度必死に勉強して、
一通りの分析手法をマスターしたとしても、
それだけでは不十分です。

 

これは、毎月発表される各国の経済指標や
政治動向に関連する情報など、
常に最新のものを取り入れたうえで、
分析していかなければならないからです。

 

この点、テクニカル分析の場合は、一度マスターすれば、
後はチャートさえあれば、きちんと分析することが可能です。

 

しかも、その対象は、為替や株式、
あるいはコモディティであっても、
ひとつの析手法さえマスターしてしまえば、
簡単に応用できます。

 

当然ですが、対象通貨が米ドルであっても、
ユーロや英ポンド、豪ドルであっても同様です。

 

【スポンサーリンク】