RSI・移動平均線の効果・デメリットは?

RSIの効果・デメリットは?

RSIの効果・デメリットは、次のとおりです。

■RSIの効果 
⇒ RSIは買われすぎ、売られすぎを判断する指標です。

 

■RSIのデメリット 
⇒ RSIで売られすぎの水準にあったとしても、その後、必ず上昇するとは限りません。

 

■有効な使い方 
⇒ RSIはトレンドが横ばいのときに使うと効果的です。

移動平均線の効果・デメリットは?

移動平均線の効果・デメリットは、次のとおりです。

■移動平均線の効果 
⇒ ゴールデンクロス、デッドクロスで買い場、売り場が判断できます。

 

■移動平均線のデメリット 
⇒ ゴールデンクロス、デッドクロスが現れるのが遅いです。

 

■有効な使い方 
⇒ 買い増し、売り増しの判断指標として使うと効果的です。

ローソク足とは?

ローソク足というのは、
価格の動きをグラフ化した時系列系チャートのひとつです。

 

1本の足に始値、高値、安値、終値の4つの値が示され、
始値より終値が高いか(白地)、安いか(黒地)を表示します。

 

一本の足で相場の強弱を、
2本以上の足の組み合わせによって相場のトレンドを見ます。

チャートとは?

チャートというのは、価格の動きをグラフで表したもの、
罫線のことをいいます。

 

チャートには、大きく分けて時系列式罫線(一目均衡表など)
と非時系列罫線(かぎ足など)があります。

チョッピーとは?

チョッピーというのは、
相場が明確な方向感なく不規則に動くことをいいます。

 

【スポンサーリンク】