国際収支とは?

国際収支とは?@

国際収支というのは、
ある一定期間内での居住者と非居住者との
すべての経済取引を記録したものです。

 

わかりやすく言うと、外国とのお金のやり取りを、
一定の規則に従って記録したもののことですね。

国際収支とは?A

つまり、外国からのお金の受け取りと
外国に対する支払をまとめた
一国の家計簿のようなものということができます。

 

この国際収支には、
一定期間の日本と外国との経済取引すべて
(財・サービス・資金の流れ)
が体系的に記録されています。

 

なので、これを見れば、
どの部分が黒字でどの部分が赤字なのかが
一目瞭然でわかります。

 

国際収支は、政府関係者が経済政策を考えるときや、
資金運用担当者が
金融市場の今後の動きを予測する際には、
非常に重要な判断材料となります。

 

【スポンサーリンク】

国際収支の項目は?

国際収支は、主に次の3つの項目に分けられます。

■経常収支
◎貿易・サービス収支
・貿易収支
・サービス収支

 

◎所得収支
・雇用者報酬
・投資収益

 

◎経常移転収支

 

■資本収支
◎投資収支
・直接投資
・証券投資
・その他の投資

 

◎その他の資本収支
・資本移転の受け払い
・その他の資産の取得処分の取引

 

■外貨準備高増減

 

一般的には、経常収支が黒字なら資本収支は赤字となり、
経常収支が赤字なら資本収支は黒字となることが多く、
基本的に両者の関係は表裏一体といえます。

 

【スポンサーリンク】