金(ゴールド)の2つの側面とは?/地上在庫は?

金(ゴールド)には「商品」と「通貨」の価値がある@

金(ゴールド)というのは、あくまでもモノ(商品)であり、
国家が発行する通貨ではありません。

 

しかしながら、世界中で等しく、
その価値を認められていることから、
金(ゴールド)が、
通貨の代わりとして使用された時代もあります。

金(ゴールド)には「商品」と「通貨」の価値があるA

つまり、金(ゴールド)には、
「商品」と「通貨」
の2つの側面があるといことです。

 

なので、金価格を動かす要因についても、
商品としての側面を持つものと、
通貨としての側面を持つものに分かれます。

 

【スポンサーリンク】

金(ゴールド)の2つの側面とは?

まず、「金」の商品としての側面としては、
鉱山生産、公的部門の売買、宝飾需要など、
通貨のように頻繁には流動せず、

 

退蔵される商品として
需給で資産価値が決定します。

 

一方、通貨としての側面においては、
次のような様々な要因が金価格に影響を与えます。

 

■国際政治情勢
■基軸通貨ドルの価値
■主要国のインフレ率…など

 

これは、
そのようなデータや環境を分析した投資家の判断が、
売買を通じて価格に反映されるからです。

金(ゴールド)の地上在庫は?

地上在庫とは、
過去に掘り出された「金」の総量のことをいいますが、

 

これは、貴金属の需給調査を行っているロンドンの
GFMS(ゴールド・フィールズ・ミネラル・サービシズ)
の調査データによると、

 

競技用の50メートルプール3.3杯分
の16万3000トンとされています。

 

また、「金」は腐ることがなく、
濃硝酸と濃塩酸を混ぜた特殊な酸「王水」以外には
溶けない性質を持っています。

 

なので、掘り出された分は、ほぼ永久に残ることになります。

 

【スポンサーリンク】