素材・投資対象としての金(ゴールド)とは?/金ETFとは?

金(ゴールド)には宝飾需要と投資需要の2つがある@

商品としての金(ゴールド)には、
素材としての側面と、
投資対象としての側面があります。

 

これは、つまり金(ゴールド)には、
大きく分けると、宝飾需要と投資需要
の2つがあるということです。

金(ゴールド)には宝飾需要と投資需要の2つがあるA

ちなみに、
宝飾需要と投資需要の割合は、
金需要全体のうち、宝飾需要が45%、
投資需要が46%(2009年)とされています。

投資需要の金は?

投資需要においては、次のようなものがあります。

 

■金地金(金塊、金の延べ棒ともいわれます)
■投資用金貨といった現物
■急速に残高を増やしている金ETF(上場投資信託)

 

【スポンサーリンク】

金ETFとはどのようなものですか?

金ETF(上場投資信託)というのは、
株式などと同じように
東京証券取引所などの証券取引所で
売買されている投資信託のことで、

 

これは運用対象の値動きに
連動するように設定されています。

 

つまり、金ETFであれば、
金価格の値動きにほぼ連動した運用成果が狙えますから、

 

現物の「金」を保有しなくても、
金価格の上昇・下落のチャンスを捉えて
金ETFを売買することによって、

 

現物の「金」の売買と
同様の投資効果が得られることになります。

 

個人投資家であれば、「金」の現物を購入することにより、
その「金」の量が増えていくのを見るのは
楽しみの1つでもあるわけですが、

 

巨額の資金を運用する機関投資家が
現物の「金」に投資すると、
保管場所を確保したり保険をかけたりと、
手間もコストもかかってしまいます。

 

その点、金ETFは受益証券というペーパー資産なので、
保管場所には困りません。

 

ちなみに、一定額以上保有していれば、
現物での引き出しを要求することも可能です。

 

【スポンサーリンク】