SPDR(スパイダー)ゴールド・シェアの上場経緯は?

SPDR(スパイダー)ゴールド・シェアとは?@

金ETFの代表的なものに
「SPDR(スパイダー)ゴールド・シェア」があります。

 

この商品は、現物の金(ゴールド)を
原資産(取引の対象となる商品)として、
ロンドン市場の金価格(フィキシングによる価格)
をベンチマーク(基準)として値動きする仕組みになっています。

SPDR(スパイダー)ゴールド・シェアとは?A

具体的には、金現物に信託権を設定して、
その受益証券を上場するというものです。

 

金ETFには100%「金」の裏づけがあるので、
金融危機で取りざたされた
債券の信用リスクなどとも無縁でいられます。

 

なお、この
「SPDR(スパイダー)ゴールド・シェア」
の残高の増減は、

 

世界最大級の金融グループである
HSBC銀行のロンドンにある金庫に保管された
現物のラージバーの増減につながります。

 

【スポンサーリンク】

SPDR(スパイダー)ゴールド・シェアの上場の経緯は?

この金ETFは、
現物の金価格に連動するという新しい商品だったことから、
世界のどの市場においても
上場審査に時間がかかりました。

 

最初の市場デビューとなったのは、
2003年3月のオーストラリア証券取引所であり、
次いで2003年12月のロンドン証券取引所に上場されました。

 

そして、2004年12月に、
ようやく本命のニューヨーク証券取引所に上場されました。

 

ちなみに、東京証券取引所に上場されたのは、
2008年6月です。

 

なお、上場されていたのが
オーストラリア証券取引所だけの時期には、
金地金で見た資産規模を1年かけて
8トンに増やしたにすぎませんでしたが、

 

ニューヨーク証券取引所での上場時には
わずか8営業日で100トンを超えました。

 

【スポンサーリンク】