金価格と株式市場の関係は?

金(ゴールド)と株式市場との関係は?@

金ETFはもちろん、
「金」を投資対象として考える際には、
金と株式市場との関係についても知っておきたいところです。

 

金価格と株価は、一方が上昇すれば、
もう一方は下落する逆相関になりやすいです。

金(ゴールド)と株式市場との関係は?A

こうしたことから、投資の教科書などでは、
「ポートフォリオに株式を組み入れる際には、
値下がりした時のヘッジのために、金(ゴールド)も対象にするとよい」
などと書かれているようです。

 

しかしながら、
一般的には、そういえなくもないのですが、
実際のところは、それほど明確なものではありません。

 

ただし、ニューヨーク株式市場の株価と
逆相関になりやすいという点には注意たいです。

 

といいますのは、ニューヨーク株式市場の
株価の上昇が期待できるときというのは、
アメリカ経済に明るさがあるときですので、
為替市場でもドルが買われやすいからです。

 

つまり、投資という面においては、
「金」に関心が集まりにくくなることから、
金価格が低迷するということです。

 

こうした事情により、株価との逆相関が生まれやすくなるのです。

 

なので、反対に、
アメリカ株が持続的に売られやすい状況のときには、
アメリカ経済に対する不安が高まることから、
為替市場ではドルが売られ、
金市場では「金」が買われることが多くなります。

日本国内の金価格と株式市場の関係は?

国内金価格と国内株式市場の関係は、
必ずしも逆相関というわけではありません。

 

これは、金価格はドル建てが基本であることから、
ドル/円の為替相場が、国内金価格に影響を与えるためです。

 

なので、日本国内においては、
国内金価格と日経平均株価との間に
逆相関といえるほどの関係があるとはいえません。

 

【スポンサーリンク】