金価格と原油価格には連動性がある?

金価格と原油の乖離現象とは?@

商品としての金(ゴールド)を考える際には、
2004年以降に顕著になった金価格と原油の
乖離現象が興味深いです。

 

というのは、1970年代から1980年代初めの
オイルショックで学んだ経験則があったからです。

金価格と原油の乖離現象とは?A

つまり、
原油価格の大幅な上昇は、インフレを予見させ、
インフレになると通貨の価値が下落するので、
反対に金(ゴールド)が買われるはず、

 

すなわち、原油価格が上昇すれば
金価格も上昇するはずだと考えられていたからです。

 

ところが、
2004年1月から2005年にかけて、

 

原油価格の指標となる
ニューヨーク・マーカンタイル取引所に上場されている
WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)価格は、
50%以上値下がりしているのにもかかわらず、

 

同期間のニューヨーク金価格は、
横ばいから小幅な下げという
対照的な値動きを見せたのです。

 

ちなみに、
2007年から2008年にかけての原油価格の急騰時でも、
金価格はそれほど上昇しませんでした。

 

反対に、金価格が1000ドルを目指した2008年以降は、
原油価格は、調整局面から値下がり局面に入っていました。

 

【スポンサーリンク】

なぜ金価格と原油価格の連動性が失われたの?

これについては、
金自体は何も変わっていないのですが、
国際経済の構造が変わったためと考えられます。

 

つまり、原油価格の上昇に対する抵抗力が
高まったということです。

 

実際、省エネ技術の進歩と代替エネルギー開発の進展によって、
経済全体に占める原油の割合は低下しています。

 

具体的には、日本の経済規模は、
オイルショック以降の30年間で2倍になりましたが、
原油消費量は世界全体では30%、
日本に限っていえば10%しか増加していません。

 

また、2008年の原油価格上昇の際には、
供給量に不安が生じたオイルショック時とは違い、
供給自体は継続されたことも
パニックを回避することができた要因でした。

 

ということで、金市場が見ているのは
原油価格の上昇そのものではなく、
原油価格の上昇がもたらすインフレなど
世界経済の混乱であるということがいえそうです。

 

なので、原油価格上昇時にそうした兆候が見られたら、
金価格も連動して上昇すると考えるとよいかもしれません。

 

【スポンサーリンク】