世界3大通貨とは?/人民元は?

円安誘導はどこまでできるの?

円安誘導といっても、
例えば、1ドル=85円の水準から
90円だとか100円程度の円安まででしたら
意識的に誘導できるかもしれませんが、

 

150円とか200円までなどといった
超円安を実現するというのは
非常に困難であると思われます。

世界3大通貨とは?

2000年代初めの世界3大通貨といったら、
ドル、ユーロ、円だったわけですが、
それは経済規模を表すGDP(国内総生産)が
1位=米国、2位=日本、3位=ドイツだったからです。

 

つまり、その国の経済力を背景として
通貨の力があったということです。

 

しかも、当時の日本のGDPは
500兆円という規模で、
ドイツの2倍という巨額なものでありました。

 

そして、現在のGDPの順位は、
1位=米国、2位=日本、3位=中国となっていますが、
2010年にも、日本と中国の順位は
逆転されるといわれています(2011年2月に逆転されました)。

人民元も世界3大通貨に入る日がくるの?

中国の通貨である人民元については、
いまだに為替相場を市場に任せる
変動相場制に完全には移行していません。

 

なので、本格的なデビューを果たしているとはいえず、
現時点においては3大通貨には入っていません。

レアメタルとはどのようなものですか?

レアメタルというのは、埋蔵量が少なく、
偏って埋蔵されている金属の総称であり、
具体的には、コバルトやチタン、インジウムなどを指します。

 

ちなみに、このレアメタルには、
金や銀を含める場合と、
貴金属として含めない場合があります。

 

なお、レアメタルなしには成り立たない素材や製品が多いことから、
輸入や備蓄は各国で国家的な課題となっています。

 

【スポンサーリンク】