超円安になると日本人の暮らしはどうなる?

もし超円安になったら日本人の生活はどうなるの?@

これも極端な例ですが、
日本人が自分の国を見放すような
財政状態や経済状態になってしまうと、

 

多くの日本企業が経営不振に陥ったり、
海外の企業に買収されてしまうと考えられます。

もし超円安になったら日本人の生活はどうなるの?A

といっても、
その前に、日本企業の本部は
海外移転しているかもしれません。

 

そうなれば、
企業によるリストラが行われることで、
街は失業者であふれかえり、

 

日本の完全失業率も
アメリカ並みの10%台に達してしまうかもしれません。

 

あるいは、もっと
悲惨な数字になる可能性だってあるわけです。

 

当然のことながら、
給料が上がるなどということはあり得ません。

 

それにもかかわらず、超円安なのですから、
輸入品の価格(輸入物価)は上昇します。

 

特に、原油のような燃料の価格、
小麦や大豆などの食料品は大幅に高くなります。

 

具体的には、例えば、1ドル=90円のときに
ガソリン価格が1リットル=125円だったとすると、

 

今でしたら7500円の支払いで済みますが、
1ドル=200円の超円安時代になったとしますと、
1万6500円(約2.2倍)も
支払わなければならないことになります。

 

これではもう自家用車は
手放さなくてはならないでしょう。

 

そうなると、基幹産業である自動車産業は
国内販売が激減して、生産拠点を
さらに海外に移転しなければならなくなります。

 

国内工場は閉鎖され、
社員もどんどん職を失うことになります。

 

ちなみに、上記の例ですと、
これまでラーメン一杯500円だったのが
1100円になるわけで、

 

それでも給料が2倍、3倍となっていけば
食べることができますが、物価上昇にしたがって
給料が上がるわけではありませんから、

 

1100円のラーメンを口にすることは
ますますできなくなっていくことになります。

 

【スポンサーリンク】