超円安と食糧危機との関係は?

超円安が食糧危機を引き起こす?@

日本国内のみが、物価上昇した場合については、
前述したとおりですが、

 

それだけでなく、
新興国が台頭してくると、
さらに悲惨な事態が起こる可能性があります。

超円安が食糧危機を引き起こす?A

例えば、中国やインドなどの新興国は、
今後、経済大国として
これまで以上に
存在感を増していくことが予想されますが、

 

これは、中国で13億5000万人、
インドで12億人と、
膨大な人口が目覚めることにほかなりません。

 

つまり、これまでは粗食に耐えてきた人たちが、
収入が増えて
贅沢な暮らしができるようになったのですから、
おいしいものが食べたくなると考えるのが当然です。

 

かつての高度経済成長時代の
日本人も同様だったのですから。

 

そして、膨大な人口が爆食するようになれば、
食糧不足は一気に深刻化します。

超円安で日本が中国に買い負ける?

一時期マグロの価格が急騰しましたが、
これなどは乱獲によって
マグロが獲れなくなったからといわれています

 

しかしながら、実際には、
ヘルシー志向のヨーロッパの人々や、
マグロのおいしさを知った中国人が
旺盛に買い始めたせいでもあるのです。

 

これと同様のことが起こるかもしれないのです。

 

つまり、中国と日本が穀物を奪い合えば、
値段がどんどん競り上がっていきますが、
そのとき力のない日本は
買い負けすることになるということです。

 

【スポンサーリンク】