超円安になり食糧危機がやってきたら?

もし超円安時代が到来して食糧危機がやってきたら?@

日本にもし食糧危機が訪れたら、
日本の貧困度はますます高まりますが、

 

そうなると、
もう国内で働いていても生活できなくなり、
現在よりもさらに、
格差が広がっていくことが考えられます。

もし超円安時代が到来して食糧危機がやってきたら?A

すると、今後は
日本人の海外への出稼ぎが考えられます。

 

つまり、かつての日本人は、
貧しい地方から東京に出稼ぎに来たわけですが、
今度は貧しい日本から
豊かな中国やインドに出稼ぎに行くことになるわけです。

 

日本で働いても家族を養っていくことができないので、
父親は中国へ出稼ぎに行き、
母親と子供たちは、
日本で仕送りを待つ生活が始まるのです。

 

【スポンサーリンク】

出稼ぎ大国フィリピンの状況とは?

フィリピンは出稼ぎ大国といわれていますが、
実に労働人口の20%もの人たちが
海外で就労しており、

 

GDPのおよそ10%を
海外労働者からの送金に依存しています。

 

しかしながら、今回の金融危機によって
海外での働き口を失い、
帰国したものの生活が成り立たない人も
後を絶たないそうです。

 

そうしたことが、
将来の日本でも起こるかもしれないということです。

食料自給率とはどのようなものですか?

食料自給率というのは、
その国で生産している食料が、
その国で消費されている食料の
何割を占めているのかを示す指標のことをいいます。

 

ちなみに、日本では、
食料自給率はカロリーベースが用いられますが、
外国では穀物自給率が用いられることが多いようです。

 

なお、日本の食料自給率は、
一貫して減少しています。

 

【スポンサーリンク】