日本の借金総額と返済可能性は?

日本の借金総額は?@

2010年2月10日に財務省が発表した
国の借金(国債や借入金などの合計)の総額は、
871兆5104億円(2009年12月末時点)ということで、
過去最大額を更新しました。

 

これは、2009年9月末と比較すると
6兆9878億円も増えており、
国民1人当たり、
およそ683万円の借金をしていることになります。

日本の借金総額は?A

それでもなお、
新規に発行する国債は増え続けており、
2010年度は、
過去最大の44.3兆円が計画されています。

 

ちなみに、2010年度をベースにした
財務省の試算によりますと、
2011年度は51.3兆円、2012年度は52.2兆円、
2013年度は55.3兆円となっています。

 

【スポンサーリンク】

日本の借金は返すことができるの?

新規に国債を発行して財政支出をする際には、
一定の成長率を想定するのですが、

 

前述の試算では、
生活実感に近い名目経済成長率が
2010年度の0.4%から2013年の2.2%へ
伸びていく想定となっています。

 

つまり、この想定する成長率が達成できれば、
借金が返済できるということです。

 

しかしながら、
仮に実際の成長率がプラス成長であっても、
一定条件に満たない場合には
借金は返済できません。

 

今後も、国の借金が増える一方で
国民が貯蓄を減らす状態が続いていくのであれば、
日本の信用は失われますから、
やがて国民も日本を見放すようになるのかもしれません。

 

そのときに、金(ゴールド)を保有していれば、
将来の不安に対するヘッジになると思われます。

 

【スポンサーリンク】