金(ゴールド)はいつ買う?/WTIとは?

金価格は2011年以降にピークを打つ?@

金(ゴールド)が買われる要因としては、
2011年に、
ドル安の不安が強まると考えられますので、

 

金価格も2011年以降に
ピークを打つ可能性が高いと思われます。

金価格は2011年以降にピークを打つ?A

とはいえ、株式投資であれば
PER(株価収益率)という指標がありますが、
金(ゴールド)には妥当価格というものがありませんので、
どの価格が妥当価格なのかが問題となります。

 

ちなみに、妥当価格というものがないということは、
皆が妥当価格だと思い、
それを市場が受け入れれば
妥当価格になるということでもあります。

 

【スポンサーリンク】

金(ゴールド)の妥当価格は?

金(ゴールド)の妥当価格を探る上では、
IMF(国際通貨基金)が放出した「金」を
中央銀行が買い取った際の価格が参考になります。

 

2009年11月下旬に金価格が急騰しましたが、
それはインドなどの中央銀行が
「金」を購入したからにほかなりません。

 

つまり、中央銀行が買ったということは、
その価格を受け入れたということでもあるわけです。

 

そもそも中央銀行は
金相場やドル相場とは無関係に、
必要であれば購入するというスタンスではあるのですが、

 

インドの中央銀行は
1045ドルという値段を受け入れたわけですから、
その1045ドルという金価格は、
ある程度の目安にはなるといえそうです。

WTIとはどのようなものですか?

WTIというのは、
「ウエスト・テキサス・インターミディエート」
の略称であり、

 

アメリカ・テキサス州などで産出される
良質の原油のことをいいます。

 

また、WTIの先物は、
ニューヨーク・マーカンタイル取引所に上場されていて、
事実上世界の原油価格の標準として機能しています。

 

なお、ニュースなどで
「ニューヨークの原油先物価格」
といった場合には、
WTIの期近物※のことを指しています。

 

※最も決済時期が近いもののことです。

 

【スポンサーリンク】