金ETFの期限とメリット

金ETFは株式投資感覚で購入できるの?@

ETFは「上場投資信託」と呼ばれていますが、
これは、株式と同様に
証券取引所に上場されており、

 

株価変動に応じた値動きをする
投資信託のことをいいます。

金ETFは株式投資感覚で購入できるの?A

また、証券会社を通じて
株式と同じ注文方法で売買できる金融商品です。

 

金ETFは、2003年に
イギリスとオーストラリアで登場した
比較的新しい商品ですが、

 

その内容は、投資家から集まる資金で、
金(ゴールド)の現物を購入し、
その受益証券を上場するものです。

 

なので、その残高の増減は、
そのまま保有する金現物の増減を伴います。

 

ちなみに、金ETFは、
日本では、東京証券取引所に上場されています。

金ETFには期限はあるの?

ETFは、売買期限のある先物取引とは異なりますので、
取引に期限はありません。

 

なので、長期投資のスタンスで
3年とか5年、10年と保有するのもよいかもしれません。

 

なお、金ETFは、証券会社の店頭でも購入できますが、
ネット証券を利用すると、
売買手数料を抑えることができます。

金ETFのメリットは?

金ETFを多く購入しても、
現物の金(ゴールド)と引き換えられるわけではありませんが、
それは保管の手間がかからないということでもあります。

 

よって、金ETFは、
コストを抑えて手軽にできる金現物投資といえそうです。

 

ただし、現物を手にすることはできませんので
注意したいところです。

 

【スポンサーリンク】