金ETFができたのはいつ?/現物拠出型の金ETFとは?

金ETFの企画コンセプトは?@

金ETFというものは、
もともとは年金基金が買える商品というコンセプトで
企画されたものだといわれています。

 

また、ワールドゴールドカウンシル日韓代表の豊島氏は、
金ETFというのは、WGC(ワールドゴールドカウンシル)
により開発されたと述べています。

金ETFの企画コンセプトは?A

2007年6月25日時点でのWGCのCEOは、
ジェームス・バートン氏ですが、

 

彼はWGCに来る以前は、
世界最大規模の年金運用機関である
カルパース※のCEOを勤めていたそうです。

 

当時の年金基金の悩みは、
株や債券以外に分散ができないかということでした。

 

すなわち、株や債券のポートフォリオでは、
上昇するときも一緒ですし、
下落するのも一緒でしたから、

 

これに金(ゴールド)に代表される商品を
ポートフォリオに組み入れて
分散を図りたかったということです。

 

※カリフォルニア州職員退職年金基金のことです。

 

【スポンサーリンク】

金ETFが最初に上場されたのは?

世界で初めての金ETFは、
2003年3月、シドニーにある
オーストラリア証券取引所で上場されました。

 

ちなみに、オーストラリア証券取引所に
上場されたGold Bullion Securitiesは、

 

ワールドゴールドカウンシル※によって、
オーストラリアの投資家にとって金市場取引が
身近なものになるよう主導されてきたそうです。

 

※世界の主要金鉱山会社の資金提供を受けて
商業市場の活動を組織しているところです。

現物拠出型の金ETFとは?

金ETFに投資する最大のメリットは、
現物の「金」を保有することなく、
保有したのと同じ資産運用効果が期待できるということです。

 

具体的には、「SPDR ゴールド・シェア」は、
現物の「金」を裏付けとする
証券を売買する仕組みになっています。

 

運用会社は、
投資家(投資信託の受益者)から集めた資金で
実際に金地金を購入し、
それを証券化して投資家に渡します。

 

つまり、
現物の「金」に裏付けられた証券であることから、
「金」そのものを保有するのと
同様の効果が期待できるのです。

 

ちなみに、このようなタイプの金ETFのことを
「現物拠出型」といいます。

 

これに対して、「金」そのものではなく、
金価格に連動する債券を購入する金ETFの場合、
裏付けとなるのはあくまでも債券なので、
信用リスクにさらされる可能性もあります。

 

よって、信用リスクとは無縁な
現物出資型のほうが安心といえます。

 

【スポンサーリンク】