金ETFの取引量と銘柄

世界初の金ETFは?@

2003年3月、世界初の金ETF
「Gold Bullion Securities」が、
シドニーにあるオーストラリア証券取引所に上場されました。

 

そして、2003年12月には、
ロンドン証券取引所にもGold Bullion Securities
の金ETFが上場されました。

世界初の金ETFは?A

さらに、2004年11月には、
ヨハネスブルグ証券取引所とニューヨーク証券取引所に、
各々の金ETFが上場され、

 

2005年1月には、
アメリカン証券取引所に上場、
パリ(現EURONEXT)と
シンガポールにも上場されました。

 

【スポンサーリンク】

金ETFの取引量は?

大阪証券取引所の金ETFは、
2007年8月に上場されていますが、

 

2008年6月27日には、
大阪証券取引所の金価格連動型上場投資信託
(金ETF 証券コード1328)
の純資産総額は、352億円になりました。

 

また、2006年の時点において
取引量が最大であったのは、
ニューヨーク証券取引所の金ETFで、
その残高は400トンを超えています。

 

その後2007年9月には、
世界全体の金ETFは、700トンほどの残高となっており、
その取引量は増加の一途をたどっています。

 

なお、ニューヨーク証券取引所とシンガポール取引所に
重複上場している金ETFの純資産額は、
2007年6月末時点で
98億ドル(約1兆1900億円)となっています。

金ETFにはどのような種類がありますか?

金ETFというのは、
文字通り金相場に連動するETFですが、
日本で取引できる金ETFは、次の2銘柄になります。

 

■SPDR ゴールド・シェア 
⇒ 2008年6月に東京証券取引所に上場された日本初の現物拠出型金ETFです。

 

■金価格連動型上場投資信託 
⇒ 2007年8月に大阪証券取引所に上場された金ETFです。

 

【スポンサーリンク】