東京証券取引所の金ETFの仕組みは?/SPDR ゴールド・シェア...

大阪証券取引所の金ETFとの違いは?@

東京証券取引所に金ETFが上場されたのは、
2008年6月30日ですが、

 

このとき上場された金ETFは
「SPDR ゴールド・シェア」(証券コード1326)
というものです。

大阪証券取引所の金ETFとの違いは?A

ちなみに、この金ETFは、
すでにニューヨーク市場やメキシコ市場、
シンガポール市場では取引されているものです。

 

この東京証券取引所の金ETFは、
前述した大阪証券取引所の金ETFとは
その性質が異なります。

 

具体的に異なる点は、
東京証券取引所の金ETFのほうは
「金現物に裏打ちされている」
ということです。

 

ただし、ロンドン地金市場の慣例や慣行では、
伝統的に金(ゴールド)の預託者に対して
書面による契約を交わしていませんので、
厳密には裏付けの保証はないというのが実情です。

 

【スポンサーリンク】

「SPDR ゴールド・シェア」の仕組みは?

東京証券取引所に
金ETFを上場させるため、

 

2008年3月4日、
金融商品取引法等の一部を改正する法案を
閣議決定しました。

 

金ETFについては、
「上場投資信託(ETF)の多様化」
があり、

 

この信託法の改正案の内容には、
商品現物と交換可能な
投資信託の導入が盛り込まれています。

 

こうした経緯もあって、
東京証券取引所の金ETFは
NYSEアーカ取引所に上場されているものが
上場されました。

 

とはいっても、受益権と金(ゴールド)の交換は、
あくまでも米国での取り扱いとなり、
しかも10口からの解約(交換)になりますので、

 

もし金現物と交換しようと思ったら、
およそ10億円程度が必要になります。

 

これでは、個人が
金(ゴールド)と受益権を交換するのは
非常に困難であることから、

 

今後は日本においても、
個人向けの本格的な金ETFが
組成されることが期待されています。

 

【スポンサーリンク】