大証の金ETFの取引単位・取引方法

大証の金ETFの取引単位は?@

金ETFの取引単位については、
1グラム当たりの円表示の金価格を1口とし、
売買単位は10口となります。

 

なので、具体的には、1グラム当たりの取引価格が
仮に2850円だったとすると、およそ3万円もあれば
買い注文を入れることが可能です。

大証の金ETFの取引単位は?A

つまり、手数料を入れても
3万円程度あれば
金ETF取引をスタートできるということですね。

1トロイオンスとは?

1トロイオンスというのは
金(ゴールド)の計量単位で、

 

大阪証券取引所の金ETFの場合は、
計量単位を
1トロイオンス当たり31.1035グラムとしています。

 

なお、この1トロイオンス当たり31.1035グラムというのは、
計量単位法(平成4年11月18日政令第357号)
に基づいています。

 

【スポンサーリンク】

仲値とは?

仲値というのは、電信仲値相場の略で、
英語では、
TTM(Teleguraphic Transfer Middle Rate)
といい、
当日受け渡しの基準レートのことを指します。

金ETFの基本的な取引方法は?

株式と同じように、
金ETFを「買い」から入る場合も、
安く買って高く売るというのが投資の基本となります。

 

これは、堅実でリスクの少ない
基本的な取引といえます。

ETF(上場投資信託)の特徴は?

ETF(上場投資信託)には、
次のような特徴があります。

 

■株式と同じように、証券取引所でリアルタイムの売買ができる。
■特定の株価指数や商品価格などに連動することを目的として運用される。
■一般の投資信託よりも信託報酬が低めに設定されている。...など

 

【スポンサーリンク】