大証の金ETFの金価格の算出方法は?

円表示の金価格の基準は?@

基準になっているのは、
「ロンドンにおけるロンドン渡しの金価格」です。

 

これは、
ロンドン・ゴールド・マーケット・フィキシング・リミテッド
(The London Gold Market Fixing Ltd.)
が、午後決め価格(p.m.Fixing Price)として公表する、
1トロイオンス当たりの米ドル建ての金価格のことです。

円表示の金価格の基準は?A

この米ドル建ての金価格に
「円為替レート」を掛けて求めます。

 

「円為替レート」は、
金価格の公表日と同日付のWMロイターが発表する
ロンドン時間午後4時の
スポット・レートの仲値を使用します。

 

よって、具体的には
1グラム当たりの金価格の算出方法は次のようになります。

 

(具体例)
■「ロンドンにおけるロンドン渡しの金価格」=853.50米ドル/1トロイオンス
■「円為替レート」=105.26円/1米ドル

 

⇒ 853.50米ドル×106円÷31.1035グラム=2908円

 

ただし、これはあくまでも市場での取引になりますので、
1口当たりの基準価額がこのように算出され、
1グラム当たりの金価格の動きとほぼ連動するものの、

 

必ずしも取引価格が金価格の動きと
一致するわけではない点には注意が必要です。

 

【スポンサーリンク】

金ETFの「買い」のチャンスは?

金(ゴールド)は円高になると安くなり、
円安になると高くなりますので、

 

円高傾向が続いた後、
円安傾向が始まったあたりが
金ETFの「買い」のチャンスとなります。

 

また、金(ゴールド)の現物取引の指標(London FIX)は
ドル建てで行われていますので、
ドルに対して円が安くなれば
金(ゴールド)のドル建て価格は相対的に高くなります。

 

つまり、円安は、
東京工業品取引市場(先物円建て市場)
の金価格が上昇する要因になるということです。

 

【スポンサーリンク】