金ETFを取引するチャンスは?

投資資金がドルから金(ゴールド)に逃避するとき@

投資資金が
ニューヨーク株式市場や
米国債から逃げるときには、

 

そのドルの投資資金が
金(ゴールド)に流入する場合があります。

投資資金がドルから金(ゴールド)に逃避するときA

具体的には、例えば、
欧米の金融機関に信用不安が広がって、
ニューヨークダウが下落し始める際には「買い」を検討し、

 

短期的な信用不安が解消されたと
市場が反応し始めた際には、
「売り」を検討するというようなケースです。

 

このようなケースでは、おそらく、
ニューヨークダウが暴落する前に、
何度か信用不安の広がりと
その対策による解消が繰り返されると思われます。

 

これは、すなわち、
ニューヨークダウが本格的に暴落するまでに、
金ETFの「買い」のみならず、
「売り」のチャンスもあるということです。

政府系ファンドの構築は金ETF「買い」?

現在、政府系ファンド(SWF:Sovereign Wealth Fund)は、
世界経済に大きな影響を与えているといわれていますが、
この政府系ファンドの設立は
日本でも検討されているようです。

 

政府系ファンドが構築されるときというのは、
商品そのものよりも、

 

ファンドに組み入れやすくなっている金ETFが
運用手段のひとつとして
取り上げられる可能性が高いと思われます。

 

よって、政府系ファンドが組成されたら
「買い」のチャンスが到来、
組み込みが始まったら
「売り」のチャンスが到来したと考えることができます。

 

【スポンサーリンク】