金ETFを買うタイミングは?/金ETFは株式投資と同じ?

金ETFを「買い」から入るチャンスとは?@

金ETFを「買い」から入るタイミングとしては、
次のケースが考えられます。

 

■円高から円安に移行するとき
金(ゴールド)の現物取引は、ドル建てで行われているので、
ドルに対して円が安くなれば、
金(ゴールド)のドル建て価格は相対的に高くなります。

金ETFを「買い」から入るチャンスとは?A

■NY株式市場や米国債から投資資金が逃避するとき
こういうケースでは、とりあえず
資金の逃避先として金(ゴールド)が用いられます。

 

この際は、ニューヨークダウが本格的に暴落するまでの間、
「買い」だけでなく「売り」のチャンスもあります。

 

■日本の政府系ファンドが組成されたとき
日本でも政府系ファンドが検討されていますが、
これが構築されると組み入れやすい金ETFが
運用手段として取り上げられる可能性が高いといえます。

 

【スポンサーリンク】

日本の政府系ファンドとは?

現在、
日本政府によって検討されている
政府系ファンドというのは、

 

農林中金のファンドマネージャーが
政府に呼ばれて
話し合いをしているといった段階のようです。

 

また、その規模は、
外貨準備金などを原資として、
50兆円から100兆円といわれています。

 

なお、かつての日本の年金基金の運用では、
生命保険会社などの機関投資家に丸投げされたために、
生命保険会社が自社の保険契約を有利にするために
大企業に投資をしていたという批判がありましたから、

 

今度の政府系ファンドでは、
そういったやり方とは異なる
運用方針を検討しているのではないかと思われます。

金ETFは株式投資と同じ?

金ETFの売買は、株式と同じように、
安く買って高く売るのが基本です。

 

金地金投資や純金積立というのは、
どちらかと言えば
長期的な値上がり益に期待する投資商品ですが、

 

金ETFは売買が気軽にできますので、
長期投資だけでなく、
中短期投資にも向いています。

 

長期投資であれば、毎月数口ずつ
金ETFを購入するのもよいと思われますが、

 

この投資法でしたら、
ドル・コスト平均法により
平均購入単価を引き下げることが期待できます。

 

【スポンサーリンク】