金ETFの税金(確定申告・繰越控除)

金ETFの売却益の税金は?@

金ETFの売却益(受益証券の譲渡益)
にかかわる課税についても、
株式と同じです。

 

つまり、源泉分離課税
あるいは申告分離課税を選択することになります。

金ETFの売却益の税金は?A

よって、平成20年12月31日までは
10%(国税7%、地方税3%)
の優遇税率が適用されますが、

 

平成21年度1月1日からは
20%(国税15%、地方税5%)となる予定です。

 

【スポンサーリンク】

分配金に対する税金は?

分配金の計算期間末に
金ETFを保有していれば、
口数に応じた
分配金が支払われる可能性があります。

 

この分配金に対する税率についても、
平成21年3月31日まで、10%(国税7%、地方税3%)
の優遇税率が適用されます。

 

ただし、分配金についても、
平成21年4月1日からは
20%(国税15%、地方税5%)となる予定です。

確定申告しなければならないの?

源泉徴収される特定口座での取引であれば、
確定申告は不要です。

 

また、サラリーマンで
年収が2000万円を超えない人の場合には、
株式の売買による所得金額の合計が
20万円を超えない場合には、確定申告は不要です。

 

しかしながら、一般口座や
源泉徴収なしの特定口座で取引を行った場合には、
確定申告をする必要があります。

繰越控除はできるの?

上場株式等にかかる
譲渡損失の繰越控除という特例によれば、

 

平成15年1月1日以後に
上場株式等を証券会社を通じて
売却したこと等により生じた損失の金額のうち、

 

その年に控除しきれない金額については、
翌年以後3年間にわたり、
確定申告により株式等にかかわる譲渡所得等の金額から
繰越控除することが可能です。

 

なお、上場株式等には、金ETFも含まれますので、
他の上場株式との損失を合算して申告することができます。

 

【スポンサーリンク】