金ETFと年金基金との関係は?/金ETF購入の流れは?

金ETFと年金基金との関係は?@

2004年にニューヨーク市場で
世界初の金ETFが上場されて以来、
その運用残高は急激に拡大しています。

 

具体的には、2004年には、
全世界で100トン足らずでしたが、
2007年には800トン、2008年末には900トン超と
9倍以上に膨らんでいます。

金ETFと年金基金との関係は?A

これほど急激に残高が伸びた背景としては、
世界最大規模の年金基金である
カルパース(カリフォルニア州職員退職年金基金)
をはじめとする、

 

多数の機関投資家が、リスク分散の手段として
金ETFを購入するようになったことがあげられます。

 

なお、基本的に年金基金は、
インフレリスクを回避する目的で金ETFを長期保有するので、
金の市中流通量を抑え、
金価格の上昇を促す要因となります。

 

【スポンサーリンク】

年金基金とはどのようなものですか?

年金基金というのは、
年金加入者が積み立てた資産を財源に
将来の年金給付を行うための機関です。

 

この年金基金では、
投資先の破綻やインフレなど、
様々なリスクを回避しながら運用を行っています。

 

特に欧米の年金基金は、
将来のインフレや金融資産の目減りに備えて
金投資を急増させています。

金ETF購入の流れはどのようになっているのですか?

金ETF購入の流れは、次のようになっています。

 

■投資家
   ↓
■証券会社で取引口座を開設する。
   ↓
■取引口座に金ETF購入の資金を振り込む。
   ↓
■証券会社に「指値」または「成行」で「買付け」の注文をする。
   ↓
■証券会社
   ↓
■証券取引所

 

【スポンサーリンク】