SPDR ゴールド・シェアはどのような仕組み・概要...

SPDR ゴールド・シェアはどのような仕組みになっているのですか?@

「SPDR ゴールド・シェア」というのは、
次のような複数の企業や金融機関により運用されています。

 

■金地金の預託や解約分配を行うカストディアン
■証券化された受益権を投資家に発行する信託受託者
■受託者の任命・罷免などを行う管理会社(スポンサー)

SPDR ゴールド・シェアはどのような仕組みになっているのですか?A

なので、もしいずれかの
企業や金融機関が破綻しても、
投資したお金が戻ってこなくなるリスクは
ほとんどないといえます。

 

つまり、現物の「金」を直接保有する場合には、
保管スペースの確保や、盗難、火災などの
トラブルに対処する手間がかかりますが、

 

「SPDR ゴールド・シェア」
の証券でしたら、ペーパーレスですから、
自宅に置いておく心配も不要です。

 

【スポンサーリンク】

SPDR ゴールド・シェアの概要は?

SPDR ゴールド・シェアの
主な内容は次のようなものです。

 

■銘柄名は? 
⇒ SPDR ゴールド・シェア(SPDR Gold Shares)

 

■上場日は? 
⇒ 2008年6月30日

 

■上場取引所は? 
⇒ 東京証券取引所
※他の証券取引所…NYSEアーカ取引所、メキシコ証券取引所、シンガポール証券取引所)

 

■銘柄コードは? 
⇒ 1326(新証券コード584127000)

 

■信託費用は? 
⇒ 0.40%

 

■売買単位は? 
⇒ 50口
※50口当たりの純資産額は、およそ5トロイオンスに相当します。

 

■特定の株価指数など※1は? 
⇒ 金地金価格(ロンドン金値決め※2)
※1…株価指数や商品の価格等で、ETFはこれとETFの1口当たりの純資産の連動を目指して運用されます。
※2…ロンドン渡し金価格とも呼ばれ、金価格の世界標準となっています。

 

■ファンドの財産内容は? 
⇒ 金、現金

 

【スポンサーリンク】