プラチナジュエリーの品位とは?

プラチナジュエリーの種類は?@

プラチナという金属も、
金(ゴールド)や銀(シルバー)と同じように、
何も混ぜないままでは柔らかく、
変形したり傷ついたりしやすいです。

 

なので、一般的には、
銀やパラジウムといった金属を割り金に使用し、
合金を作ります。

プラチナジュエリーの種類は?A

その品位は、
銀と同様で千分率で表示します。

 

具体的には、純粋なプラチナを1000として、
それ以下は、
主として、950、900、850が
プラチナジュエリーの品位となります。

 

といっても、最近は
低位プラチナのジュエリーもあるようです。

 

なお、刻印は「Pt」ですが、
古いジュエリーには「Pm」と表示されているものもあります。

 

【スポンサーリンク】

4種類のプラチナジュエリーの品位とは?

プラチナジュエリーの品位は、次のようなものです。

 

■Pt1000(純プラチナ)
・プラチナの含有率が約99.9%のものを指します。

 

・プラチナはジュエリーとしては柔らかすぎることから不向きと言われてきましたが、
最近はハード加工と呼ばれる処理を施すことによって、
ジュエリーとして仕上げることができるようになっています。

 

■Pt950
・プラチナの含有率が95%のものを指します。
・欧米でのプラチナジュエリーの主流はこのPt950です。

 

■Pt900
・プラチナの含有率が90%であることを示します。
・日本では、指輪に多く使われています。

 

・残り10%にはパラジウムを混ぜたものが一般的ですが、
欧米では割り金として、銅やコバルト、ルテニウム、イリジウムなど、
他の金属も使用されることがあるようです。

 

■Pt850
・プラチナの含有率が85%であることを示します。
・チェーンやネックレスとして多く使用されています。

 

ちなみに、日本の場合は、
造幣局で品位証明を受けるためには、
Pt850以上の純度が必要になります。

 

【スポンサーリンク】