プラチナは先端技術・医療・薬にも利用

プラチナは医療でも使われている?@

プラチナは、医療の分野では、
体の中に埋め込まれる
心臓のペースメーカー※に使用されています。

 

これは、プラチナが腐食しにくく、
人体の中に入っても金属アレルギーを引き起こす可能性が
少ないことから採用されています。

プラチナは医療でも使われている?A

ちなみに、ペースメーカーの基本構造は、
電池と回路、リードの3つからなっていますが、
プラチナは主としてリードに使用されています。

 

なお、現在、日本においては30万人以上の人が
ペースメーカーを装着しているといわれています。

 

※ペースメーカーというのは、機能が失われてしまった心臓の
刺激伝導系に代わり、心筋を刺激して心臓を収縮させるものです。

 

【スポンサーリンク】

プラチナは薬の原料にもなる?

プラチナは、
薬の原料としても用いられています。

 

具体的には、ガンを抑制する薬の原料として、
プラチナの有機化合物であるオキサリプラチン
というものが使用されており、
これは世界中で利用されています。

プラチナは最後には使われなくなるとは?

プラチナというのは、
金属の中でも最も触媒作用が高いこともあり、
新たな技術が開発される際には、
ほぼ必ず大量に使用されます。

 

とはいえ、貴金属はコストが高いですから、
同時に、プラチナの利用量を少なくしたり、
あるいは、異なる金属に置き換える
といった技術開発も進められています。

 

具体的には、例えば、
かつては注射針もプラチナで作られていたのですが、
現在ではステンレス製の針が主流となっています。

 

このように、プラチナは、
多くの先端技術に不可欠の存在となっていますが、
技術開発により少貴金属化が進んで、
最後には、使用する必要がなくなっていきます。

 

一方、異なる先端技術が誕生すると、
またプラチナが大量に必要になります。

 

この繰り返しによって
プラチナの需給バランスは保たれているといえます。

 

【スポンサーリンク】