現物拠出型金ETFの値動き、実物資産、スポット購入...

現物拠出型金ETFのメリットは?@

金ETFは、保管の手間がかからないだけでなく、
株式市場を通じて気軽に売買できますので、
その点で、現物の金投資より優れているといえます。

 

また、金地金を売買するには、
地金商などのショップに出向かなくてはなりませんが、
「金」の比重は重いですから、
まとまった量の「金」を運ぶのはかなり大変といえるでしょう。

現物拠出型金ETFのメリットは?A

さらに、現物の金だと
盗難などのリスクもつきまといます。

 

その点、金ETFでしたら、
オンライン証券に口座を開けば
パソコンで取引することもできますので、
自宅やオフィスに居ながら売買することも可能です。

 

しかも金地金は、地金商などが
1日数回決める金価格に基づいて取引を行いますが、
金ETFは、リアルタイムに変動する
市場価格に沿って売買することができます。

 

つまり、より金ETFなら
より有利な価格で売買できる可能性が高いということです。

 

よって、現物拠出型金ETFは、
実物資産である「金」を保有するのと
同様の投資効果が得られるだけでなく、

 

短期売買で利ザヤを得る
マネー商品としての魅力もあるといえます。

 

【スポンサーリンク】

現物拠出型金ETFの値動きは?

現物拠出型金ETFの価格は、
国際金相場とほぼ連動して動きます。

 

なお、現物拠出型金ETFの流動性は高いですから、
値が立たず、売買注文が成立しない
といったリスクは、それほど大きくないといえます。

実物資産とはどのようなものですか?

実物資産というのは、
そのもの自体に価値があるものをいいます。

 

実物資産の中でも金(ゴールド)は、
希少性という独自の価値を持つ実物資産なので、

 

戦争やテロ、自然災害などによって
株式や債券などペーパー資産が値下がりする際には、
反対に価格が上昇して、
その損失分を補う働きをする傾向があります。

スポット購入とはどのようなものですか?

純金積立の場合は、
毎月の投資金額が3,000円程度からできる手頃さが
大きな魅力となっていますが、

 

スポット購入とは、積立とは別に
臨時に金(ゴールド)を買い増しできるものをいいます。

 

このスポット購入は、取引会社によっては、
電話のほかネットでも申し込むことができますので、
急激な値動きにも対応することが可能です。

 

【スポンサーリンク】