金鉱株ファンドと為替ヘッジ、インフレ率...

金鉱株ファンドとはどのようなものですか?@

金相場に連動しやすい投資信託として、
金ETFのほかに金鉱株ファンドがあります。

 

金鉱株というのは、「金」の採掘や精錬などを行っている
金鉱山会社の株式のことですが、

 

これらの会社は主として、
南アフリカやオーストラリア、カナダの会社であり、
日本からこれらの会社の株式を直接取引きするのは困難です。

金鉱株ファンドとはどのようなものですか?A

そこで、世界中の金鉱株の中から
ファンドマネジャー(運用のプロ)が厳選した銘柄を集め、
投資家から集めた資金を運用するのが
「金鉱株ファンド」になります。

 

ちなみに、金鉱株の値動きは、
金ETFよりも激しいですが、
より大きな収益が期待できるというメリットがあります。

金鉱株ファンドと為替ヘッジ

金鉱株ファンドには、
「為替ヘッジあり」「為替ヘッジなし」
の2種類があります。

 

ちなみに、「為替ヘッジなし」の場合は、
円高が進むと、
円建ての基準価額が目減りすることもあります。

インフレ率とはどのようなものですか?

一般的にインフレ率といった場合には、
消費者物価指数のうち、
天候の影響を受けやすい生鮮食品を
除いたものの上昇率を指します。

 

ちなみに、このインフレ率は、
日本では総務省が毎月発表しています。

 

【スポンサーリンク】