ETFSパラジウム上場投信とは?/パラジウムETFの売買単位・管理会社は?

ETFSパラジウム上場投信とは?@

ETFSパラジウム上場投信というのは、
パラジウムの現物地金を対象とした
パラジウムETFのことであり、

 

このパラジウムETFは、2009年8月24日に
東京証券取引所に上場されています(銘柄コード1675)。

ETFSパラジウム上場投信とは?A

パラジウムETFは、
ETFSが提供している貴金属ETFの中で
最も日本と関係が深いといえるかもしれません。

 

これは、パラジウムの最大の消費国は日本であり、
日本の需要が増えるか減るかにより、
パラジウムの価格、ひいてはパラジウムETFの価格が
左右されると考えられるからです。

 

【スポンサーリンク】

パラジウムETFの上場の経緯は?

2007年に、
貴金属商品上場投信(貴金属商品ETF)
は誕生しました。

 

ETFSGセキュリティーズが、現物を裏付けとする
貴金属商品ETFを開発したことにより、

 

史上初めて、ETFのかたちで
プラチナ(白金)とパラジウムへの投資が
可能になったのです。

 

これらの商品は、商品先物市場においては
活発に取引されていましたが、
一般の投資家には縁遠かったといえますので、

 

そういった意味では、プラチナとパラジウムを
身近な金融商品にしたといえそうです。

 

なお、パラジウムETFは、ロンドン証券取引所、
ドイツ証券取引所(クセトラ)、NYSEユーロネクスト、
イタリア証券取引所にも重複上場されています。

パラジウムETFの設定・運用は?

パラジウムETFは、
他の貴金属ETFと同じように、

 

現物拠出型ETFで、
ロンドン白金・パラジウム市場のパラジウム価格に
連動するように設定・運用されています。

パラジウムETFの売買単位・管理会社は?

パラジウムETFの売買単位は10口※であり、
管理会社はETFSセキュリティーズ・リミテッド、
受益証券の発行は、
ETFSメタル・セキュリティーズ・リミテッド(発行体)が行います。

 

ETFSセキュリティーズは、
商品ETFや貴金属商品ETFを
世界で最初に設定・運用した実績がありますが、

 

パラジウムETFが東京証券取引所に上場され、
円建てで取引できるようになったのは大きな魅力とえいます。

 

※1口当たり、約0.1トロイオンスのパラジウムです。

 

【スポンサーリンク】