パラジウムETFの受託会社・保管会社・管理報酬は?/HSBC銀行が破綻したら?

パラジウムETFの受託会社と保管会社は?

パラジウムETFの受託会社を務めるのは、
ザ・ディベンチャー・トラスト・コーポレーション・ピーエルシーです。

 

また、カストディアン(保管会社)はHSBC銀行USAであり、
受託会社の支持に基づき、
ロンドン地金市場協会(LBMA)の規格と合致した
パラジウム地金※の現物を預かり保管しています。

 

※ロンドン・プラチナ・パラジウム市場受渡適合品=グッド・デリバリー・バー

もしHSBC銀行が破綻したら?

HSBC銀行は、
ステートストリートのSPDRゴールドが保有する
現物も保管しており、

 

貴金属商品ETFでは
世界最大手のカストディアン(保管会社)
として知られています。

 

もし万一、HSBC銀行が破綻したとしても、
発行体と受託会社が、
保管されている貴金属の所有権を
取得することになっています。

 

【スポンサーリンク】

パラジウムETFの管理報酬は?

パラジウムETFの管理報酬は、
世界最低クラスの0.49%となっています。

 

なお、この管理報酬には、
管理会社、発行体、受託会社、
カストディアン(保管会社)の手数料のほか、
上場費用や監査報酬などが含まれています。

パラジウムETFはどのように取引するの?

パラジウムETFは、
上場株式と同じように売買することができます。

 

1口当たりの価格は現在のところ、
2000円台後半ですから、最低単位の10口であれば、
3万円弱で取得できることになります。

 

なお、取引の際には、
証券会社に売買手数料(委託手数料)
を支払う必要があります。

パラジウムETFを日本の証券取引所に上場しているメリットは?

海外ETFの場合、為替変動リスクがありますので、
為替計算が面倒であるというデメリットがあります。

 

というのは、価格は上昇しているものの、
円安・円高にふれたことによって、
儲けが少なくなったり、あるいは、
儲けがなくなったりするケースも少なくないからです。

 

なので、日本の証券取引所に上場している
最も大きなメリットは、海外で組成されたETFを
円で取引することができることといえそうです。

 

【スポンサーリンク】