パラジウムとプラチナの関係は?

パラジウムはどのような金属?@

パラジウムというのは、1803年、
英国の化学・物理学者である
ウイリアム・ウォラストンにより発見された、
白金族グループの金属です。

 

ちなみに、この「パラジウム」という名称は、
前年の1802年に初めて観測された
小惑星パラスに由来します※。

パラジウムはどのような金属?A

また、パラジウムは、
プラチナとは双子の兄弟のような存在であり、
金(ゴールド)、銀、ニッケル、銅鉱山などから
プラチナと一緒に産出され、精錬工程で分離されます。

 

なお、パラジウムの埋蔵量は少なく、
レアメタル(希少金属)のひとつです。

 

※小惑星パラスの名前は、ギリシャ神話の女神である
パラス・アテネにちなんだものです。

 

【スポンサーリンク】

パラジウムとプラチナの関係は?

パラジウムが銅鉱山などからプラチナと一緒に産出され、
精錬工程で分離されるというのは前述のとおりですが、
パラジウム価格のヒストリカルチャーとを見ますと、
プラチナとほとんど相似形のように動いていることがわかります。

 

もともと、パラジウムはプラチナの代替品のような扱いで、
価格もプラチナよりもかなり安かったのです。

 

しかしながら、
自動車の排ガス触媒として需要が急増すると、
パラジウムの価格は上昇し、
プラチナをしのぐ価格をつけたこともありました。

パラジウムとプラチナの需要関係は?

パラジウムの自動車触媒としての需要は、
プラチナが高いときには、パラジウムへシフトし、
パラジウムが高いときには、
プラチナへシフトしているようにも見えます。

 

ということで、
パラジウムとプラチナの触媒としての力が同じくらいであれば、
理論的には次のような関係になると考えられます。

 

■プラチナが高い
    ↓
■パラジウムへシフト(需要増)
    ↓
■パラジウムの需要増で、パラジウムの価格がプラチナより高くなる
    ↓
■プラチナへシフト(需要増)
    ↓
■プラチナの価格がパラジウムより高くなる

 

【スポンサーリンク】