FXと株式投資の信用取引・レバレッジの違いは?

FXと株式投資の信用取引との違いは?@

株式投資の場合、単元株制度により、少ない資金でも
比較的多くの会社への投資が可能になりました。

 

とはいえ、それでも20万円とか50万円
とかいう資金が必要になってきます。

 

また、信用取引を行うとなれば、やはりある程度の資金を
証拠金として預ける必要が出てきます。

FXと株式投資の信用取引との違いは?A

信用取引というのは、その投資家に対して
お金や株券を貸して取引させるものですから、
その人の信用を確認するという意味においても、
多少の資金を積んでおく必要があるからです。

 

FXの場合は、基本的な仕組みについては
株式の信用取引と同様ですが、
取引する際に預ける証拠金の額は、
株式の信用取引よりも少額で済むのが特徴です。

FXと株式投資のレバレッジの違いは?

株式の信用取引の場合は、
レバレッジは信用倍率によって表示されます。

 

信用倍率というのは、
証券会社に預けてある証拠金を担保にして、
その何倍まで建玉ができるのかということです。

 

例えば、信用倍率が3倍ということであれば、
証拠金として100万円を預けた場合には、
300万円までの建玉が可能になるということです。

 

一方、FXの場合は、
会社によっては200〜400倍までのレバレッジで
取引できるところもありますから、

 

レバレッジという面から見ると、
株式の信用取引のほうが自由度が高いといえます。

 

スポンサーリンク