適切なレバレッジは?/強制ロスカットとは?

適切なレバレッジは?@

FXでは、レバレッジを利用して
少額資金でも
ハイリターンが狙えるメリットがありますが、

 

レバレッジについては、
自分の許容範囲で選択するのが理想的です。

適切なレバレッジは?A

一般的に、スワップポイントという
金利差調整分を狙うことを目的に、
長期保有するというスタイルで投資するのであれば、

 

レバレッジは2〜3倍程度に抑えておくのが
望ましいといえます。

 

反対に、ロスカットなどのリスク管理をしっかり行って
短期売買を行うのであれば、
レバレッジは10倍以上まで高めて投資をした方が
効率的といえます。

レバレッジに応じた追証・強制ロスカットとは?

FXでレバレッジをかけて取引する際には、
レバレッジに応じて、
どこまで損失が膨らんだら追証になるのか、
あるいは強制ロスカットになるのか、
ということを把握しておくことが大切です。

 

スポンサーリンク

ロスカットとはどのようなものですか?

ロスカットというのは、損切りのことをいいます。

 

例えば、
100万円の資金を投じて買った通貨が値下がりし、
評価損が50万円となった場合に、

 

これ以上損失が膨らまないように、
ある程度で見切りをつけて、
損失覚悟で売却をすることをいいます。

強制ロスカットとは?

強制ロスカットというのは、例えば、
証拠金維持率が25%以下となったら、
強制ロスカットが発動されるというFX会社の場合には、

 

証拠金が10万円だとすると、損失が75,000円になると
有無を言わせずポジションを反対売買され
決済されてしまうということです。

ロスカットのポイントは?

ロスカットのポイントとしては、
できるだけ損失が増えないうちに損切りすることによって、
次の投資チャンスのときに
動かせる資金を残しておくことになります。

 

そのためにも、ロスカットのルールを
自分なりに作っておくとよいと思われます。

 

スポンサーリンク