店頭取引とは?/FX会社とは?

店頭取引とは?@

店頭取引というのは、FX会社と投資家が、
相対で通貨の売買を行うことをいいます。

 

つまり、取引所取引のように、
不特定多数の投資家から集めた注文を一箇所に集めて、
そこで値付けを行うのではなく、あくまでも
FX会社と投資家との相対取引になるということです。

店頭取引とは?A

外国為替市場では、
相対取引が中心となっているマーケットで、
店頭取引が基本になります。

 

ちなみに、現在は、店頭取引がなくなり
取引所取引に移行していますが、
株式投資も以前は、
店頭取引と取引所取引に分かれていました。

FX会社とは?

FX会社には、次のような様々な種類があります。

■証券会社
■特定の金融機関に属していない独立系のFX会社
■商品取引会社
■銀行...など

 

それぞれの会社ごとに特徴があるので、
FX会社を選択する際には、
その特性を活かして選ぶことが大切です。

 

なお、特に、FXに限らずに
投資ということを前提にしてFX会社を選択する場合には、
株式や先物、オプションなど、投資商品の幅が広いので、
証券会社で取引すると利便性が高まると思われます。

 

スポンサーリンク