テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析とは?/委託保証金率とは?

テクニカル分析とは?@

テクニカル分析というのは、
相場分析を行う際の判断基準の1つであり、
チャートを使って、過去の値動きから
今後の動向を判断する分析手法のことをいいます。

 

このテクニカル分析には、
次のような様々なアプローチがあります。

テクニカル分析とは?A

なお、複数のアプローチを
組み合わせて使用することによって、
予測の制度が上がっていきます。

 

以下が、テクニカル分析の主なものになります。

■移動平均線
■MACD
■ストキャスティクス
■ボリンジャーバンド
■RSI
■エリオット波動
■一目均衡表
■ポイント&フィギュア
■フィボナッチ係数
■パターンフォーメーション...など

 

スポンサーリンク

ファンダメンタルズ分析とは?

ファンダメンタルズ分析というのは、
経済の基礎的条件から
相場の行方を予測する分析手法のことをいいます。

委託保証金率とは?

委託保証金率というのは、信用取引の場合の、
時価に対して預けなければならない
保証金額の割合のことをいいます。

 

よって、委託保証金率が高くなるほど
かかるレバレッジの倍率は低くなる一方、
委託保証金率が低くなるほど
レバレッジの倍率は高くなります。

 

つまり、委託保証金率が高いほど
必要資金も多くなるとともに、
投資リスクは低くなるということです。

 

反対に、委託保証金率が低いほど
必要資金は少なくなりますが、
投資リスクはその分高くなります。

 

スポンサーリンク