マイナー通貨とは?/トルコリラの特徴は?

マイナー通貨とは?@

マイナー通貨というのは、
取引量の少ない通貨のことをいいます。

 

代表的なものとしては、トルコリラ、ハンガリーフォリント、
ノルウェークローネ、メキシコ・ヌエボ・ペソ、
ポーランドズロチなどがあります。

マイナー通貨とは?A

これらのマイナー通貨を取引する際には、
特に注意が必要です。

 

取引量が少ないということは、
相場に参加する人が少ないということですから、
値動きは荒くなりがちです。

 

また、米ドルやユーロなどは、
ニュースや新聞などで頻繁に取り上げられるのとは反対に、
情報が手に入りにくいので、
何かあった時に売り遅れてしまうリスクがあります。

 

つまり、何かが起きると
すぐに資金を引き上げられる可能性があるのです。

 

「売りたい」と思う時は、
相場に参加している人のほぼすべてが思うわけで、
少ない相場参加者が一斉に売り始めたら、
売りが売りを呼んで、下落はさらに加速していきます。

 

よって、もしこうしたマイナー通貨を取引する場合には、
全財産をつぎ込むのではなく、
投資資金の一部に留めておくことが大切です。

 

なお、マイナー通貨の場合は、
常に相場を監視するという姿勢も重要になります。

トルコリラの特徴は?

トルコの政策金利は非常に高いので、
スワップ狙いの個人投資家に人気があります。

 

トルコ経済に関しては、
2001年に経済危機が起きていますが、
IMF主導で財政再建が行われたことにより、
経済はV字回復しています。

 

また、トヨタをはじめ
トルコへ進出する製造業も増えています。

 

ただし、トルコの政局は不安定ですので、
注意が必要です。

 

最近では、2007年5月に、
首都アンカラで爆弾テロ事件が起こっています。

 

スポンサーリンク