電子取引のリスクとレバレッジのリスク/事前予想値とは?

電子取引のリスクとは?

電子取引のリスクというのは、次のようなリスクのことです。

■情報盗用 
⇒ 口座番号、パスワードなどの情報を盗まれて、悪用されることにより損失が発生する場合

 

■システム障害 
⇒ 取引ができなくなったり、注文が遅延したり無効になるなどのおそれがあります。

 

■注文ミス等 
⇒ 注文の入力を間違えて注文がされていなかったり、意図しない注文が約定してしまったりすることがないように、入力は慎重に行いましょう。

レバレッジ効果のリスクとは?

FXでは、保証金にレバレッジをかけることで、
自己資金の何倍もの金額分の取引をすることが可能です。

 

しかし、このレバレッジというのは、
少ない資金で大きく利益を得ることを可能にするのと同時に、
大きな損失を被るリスクを負うことにもなりますので
注意が必要になります。

 

レバレッジを何倍にするのかによっても、
リスクの大きさは変わってきますが、
特に高いレバレッジをかけて取引する際には、
ストップオーダーを必ず入れるなどの慎重さが必要です。

事前予想値とは?

経済指標などは、実際に数字が発表される前の段階で、
例えば、金融機関のエコノミストなどが事前予想値を
はじき出しています。

 

実際の数字が、
事前予想値と比較して大きく乖離している場合には、
マーケットで材料視されやすくなります。

 

なので、経済指標の結果を待ってポジションを取る場合には、
これから発表される数字だけで売り買いを判断するのではなく、
必ず事前予想値を把握してから判断することが重要になります。

 

スポンサーリンク