FXでのテクニカル指標の使い方は?

日足チャートについて@

為替は24時間取引ですから、日足チャートについては、
終値=オープニングの価格ということになります。

 

これは株式の場合ですと、
前日の午後3時にきっちり取引が終了し、
株価の終値も算出され、さらに翌日の午前9時には
始値がきっちり算出されますので、非常に明確です。

日足チャートについてA

しかし、為替レートは常に24時間、
世界のどこかで取引されていますから、
前日の終値が翌日の始値ということになるのです。

 

そのため、ローソク足を使って行う分析については、
日足についていえば、非常に難しいといえます。

取引量を考慮したテクニカル指標について

外国為替取引は、
取引量を把握することが難しいですから、
逆ウォッチ曲線のように、取引量を考慮して行う
テクニカル分析には適さないといえます。

 

スポンサーリンク

流動性とテクニカル指標について

外国為替市場は流動性がありますから、
株式市場と比較すれば、
値段が飛んだり、ストップ高やストップ安で
取引が停止されたりするケースは稀です。

 

これは、外国為替取引のメリットといえます。

 

よって、理論に即したテクニカル分析が
当てはめやすくなります。

 

流動性という点では、外国為替取引の場合は、
デイトレードのような短期売買が非常にやりやすい
という側面があります。

 

ちなみに、株式の場合は、流動性の観点からは、
外国為替取引よりも超短期売買はやりにくいと思われます。

堅調・軟調とは?

堅調というのは、相場で、
買い意欲が強く上がり気味の状態のことをいいます。

 

また、軟調というのは、
相場で買い気乏しく下がり気味の状態のことをいいます。

 

スポンサーリンク