地政学的リスクは世界景気に悪影響/ハリケーンの為替相場への影響は?

地政学的リスクとはどのようなリスクですか?@

地政学的リスクというのは、
特定の地域において、

 

地理的条件や政治的問題が
複合的に絡み合って生じる、
世界経済に悪影響を及ぼすリスクのことをいいます。

地政学的リスクとはどのようなリスクですか?A

主として、地政学的リスクは、
次のようなことにより生じます。

 

■テロ 
■テロ懸念 
■テロ未遂
■国際紛争...など

 

スポンサーリンク

地政学とは?

地政学というのは、
政治や国家の特性と地理的な条件との
関連性を研究する学問です。

 

また、地政学的リスクという言葉を
はじめに使用したのは、

 

2005年に、当時のFRB議長を務めていた
グリーンスパン氏であり、
米国のイラク攻撃によって、
世界景気に悪影響を及ぼすリスクについて説明しました。

日本の地政学的リスクは?

日本における地政学的リスクとしては、
北朝鮮問題など、
アジア各国との緊張問題があげられます。

 

また、米国とも
政治的・経済的な関係が深いことから、
米国の政情不安もリスク要因となり得ます。

地政学的リスクの相場への影響は?

地政学的リスクが懸念される
国の株や通貨というのは、
売られやすくなります。

 

つまり、そうした国からは
投資資金が流出しやすくなるということです。

 

スポンサーリンク

ハリケーンとは?

ハリケーンというのは、
主として、米国などの
北中米地区を襲う熱帯低気圧であり、
暴風雨を伴うものです。

 

日本を含む北西太平洋・アジアでは
「台風」とか「タイフーン(tyhoon)」
その他の地域では
「サイクロン(cyclone)」
などと呼ばれていますが、
その発生メカニズムは同様です。

ハリケーンの為替相場への影響は?

経済に支障をもたらすハリケーンのような
大規模な天候異変については、
為替相場にも影響を与えることが多いです。

 

ちなみに、2005年に米国を襲った
「カトリーナ」というハリケーンは、
米経済にも悪影響を及ぼし、
為替相場にも影響を与えました。

 

スポンサーリンク