ブラックフライデーは年末商戦の始まりの日/利上げとは?

ブラックフライデーとはどのような日ですか?@

ブラックフライデーというのは、
米国の社会現象のことです。

 

米国では、サンクスギビングデー
(感謝祭)の翌日の金曜日に、
多くの人が買い物に出かけるので、
この日が年末商戦の始まりとも言われています。

ブラックフライデーとはどのような日ですか?A

この「ブラックフライデー」
という名前の由来は、

 

小売店が、
その恩恵を受けることで売上が急増し、
それまで赤字だった店も
一気に黒字になるということからきています。

 

ただし、最近は、街中の人ごみを嫌い、
翌週の月曜日まで待って
インターネットで買い物をする人も増えています。

 

ちなみに、この現象は
「サイバーマンデー」と呼ばれています。

 

スポンサーリンク

サンクスギビングデーとは?

サンクスギビングデーというのは、
1941年のルーズベルト米大統領時代に、
11月第4木曜日に定められ、
国民の休日となった、米国の祝日の1つです。

 

日本では、サンクスギビングデーは
「感謝祭」と訳されることが多いですが、

 

「サンクスギビング」
とか
「ターキー・デー(七面鳥の日)」
と呼ばれることもあります。

サイバーマンデーとはどのような現象をいうのですか?

サイバーマンデーというのは、
米国の社会現象の1つですが、
サンクスギビングデーと呼ばれる
感謝祭※の休暇が明けた月曜日に、

 

多くの人々が
職場などの高速なインターネット環境を利用して
オンラインショッピングを行うため、
このように呼ばれています。

利上げとは?

利上げというのは、
政策金利を引上げることをいいます。

 

この利上げの主たる目的は、
インフレの回避にあります。

利上げを行うとどうなるのですか?

利上げを行うと、
借入金に対する金利も上昇しますので、
資金の借り入れが減少し、
預金高が増加します。

 

その結果、国民の消費が減少し、
通貨の価値が安定します。

 

スポンサーリンク