移動平均線を使ったテクニカル分析とは?/ゴールデンクロスとデッドクロスとは?

移動平均線を使ったテクニカル分析とは?@

相場のトレンドをつかむというのは、
上昇しているのか、下落しているのかの
方向性をつかむということです。

 

移動平均線は、
このトレンドを知る方法として有効です。

移動平均線を使ったテクニカル分析とは?A

具体的には、移動平均とは
任意の期間の終値を合計して、
その期間数で割って求めます。

 

例えば、5日間で
100円、101円、102円、103円、104円
と推移した場合には、

 

5日移動平均は、
102円({100+101+102+103+104}÷5)
ということになります。

 

そして、移動平均線というのは、
この移動平均の数値をつないでいったものをいいます。

 

スポンサーリンク

移動平均線の特徴は?

移動平均線の特徴としては、
緩いカーブを描きながら
その傾きに相場の方向性が出ていることがあげられます。

 

具体的には、
右肩上がりであれば、上昇トレンドで、
右肩下がりであれば、下落トレンドになります。

 

また、どちらでもなく横ばいであれば、
トレンドの確認はできませんので、
ボックス圏で推移していると判断します。

ゴールデンクロスとデッドクロスとは?

チャートを見るときは、
通常、期間のとり方によって
異なる2本の移動平均線が同時に表示されます。

 

このうち、長期の方を長期の移動平均線、
短期の方を短期の移動平均線といいます。

 

そして、この2本の移動平均線が
次のような売買サインを出します。

 

■ゴールデンクロス
・トレンドが上昇に転じた合図の買いシグナルです。
・短期の移動平均線が長期の移動平均線を下方から上方に抜けたパターンです。

 

■デッドクロス
・トレンドが下落に転じた合図の売りシグナルです。
・短期の移動平均線が長期の移動平均線を上方から下方に抜けたパターンです。

 

移動平均線の売買シグナルは、
万能な方法というわけではありませんが、
最もポピュラーなものでもありますので、
売買の参考にしたいシグナルといえます。

移動平均線は有効?

相場のトレンドをつかむというのは、
上昇しているのか、下落しているのかの
方向性をつかむということですが、

 

この移動平均線は、
このトレンドを知る方法として有効です。

 

スポンサーリンク